介護の職種について

投稿日時:2014-06-26 12:28:42

http://www.fukushi-work.jp/navi/work_detail.php?eid=00042

これまで介護職を一括りにして話してきましたが、実は介護職にも仕事の内容によって、様々な職種があるのです。特に、高齢者が利用する介護施設には、高齢者をサポートするための幅広いジャンルの職種が求められます。

一般に”介護職”と呼ばれている、高齢者の生活を現場でサポートする仕事は「介護福祉士」という職種になりますが、想像してみれば、他にも高齢者の生活を支えるためには様々なサービスと職種が必要になることが分かります。

例えば、高齢者は怪我や病気をしやすいですから、高齢者の体調管理を行うために介護施設には「看護師」が常駐していることが求められますし、更にリハビリテーションが必要なら作業療法士や理学療法士がいることも求められます。また、同じ体調管理でも、施設で健康的な食事を提供するためには「栄養士」の仕事も必要になりそうです。

他にも、高齢者の相談に乗ってくれ、精神面でのサポートをしてくれる「社会福祉士」もいると、高齢者は安心することができますね。

このように、介護施設で”高齢者をサポートする”という目的を達成するためには、様々な職種が必要とされ、各々に協力し合うことが求められるのです。

PR